JUKI・MO-114Dとアーチザン630はどう違う?

JUKIA630

ロックミシンを購入しよう・・・と思っている人のなかでMO-114Dかアーチザン630どちらが良いかな?と迷っている人が多いようです。
そこで2機種の違いを挙げてみましたのでご購入の参考になさってください。

ロックミシンで縫い代をカットしながら縫い進めるために、重要な刃の部分を「メス」と呼びます。
このメスの部分が「アーチザン630」と「MO-114D」とは違います。
「アーチザン630」はメスがロックできます。アタッチメントもとても多いのが特徴です。
すっきりとしたデザインと5種類のアタッチメントが付いていることにもお得感が好評です。
後から別に購入すると1万円前後しますのではじめから付いていることはとても嬉しいことですし購入のポイントになるようです。

決め手はやはりお値段。「MO-114D」が大幅値下げセールを行っていて、「アーチザン630」よりほんの少しお安いと言うのも決め手になるのでしょうか
純正きりくず受けもプレゼント付きと言う嬉しいセットになっていますので注目です。
ロックミシンということで縫いについての大きな違いはありません。
ではお手入れについてはどうでしょうか?
「MO-114D」の方はサイドカバーが開くようになっているのでお掃除がし易いという点がありますね。そして純正切りくず受け付きというのもロックミシンから出る布ゴミの処理には便利な機能だと思います。

作業するときに嬉しい機能は?
「アーチザン630」はフリーアームになっているので縫う場所によっては優れた機能ですよね。

細かい部分を比べて一番使い勝手が良い!と思えるものを選ぶのが大事ですね。

JUKIロックミシン アーチザン630の販売ページへ

JUKIロックミシンMO-114Dの販売ページへ