初心者さんのロックミシンの選び方

電動ミシンや電子ミシンで自分なりに作りたい作品は、お裁縫が一応出来るようになってくるとだんだん、出来栄えが気になるようになります。
そして簡単に既製品のようなものまで作ってみたくなるものです。
通常は縫い終わったものを、最後にジグザグミシンで余計な糸が出ないように、
端の始末をすることで終了!となるのですが、ここでロックミシンの性能の良さがわかってしまうと、初心者でも欲しくなってしまうんですよね、ロックミシン。
断然、仕上がりの始末が違います。
なので、当面はお持ちのミシンでジグザグ縫いで始末をしてそれから、
ロックミシンの購入を検討すると良いでしょう。
最近ではロックミシンだけで洋裁ができてしまうという本もよく見かけます。

なので、初心者さんでもいきなりロックミシンを購入すると言う場合もあるかもしれません・・・
お安いものではないので、やはり、ある程度ミシンが扱えると言う前提で
次の段階としての購入を検討することをおすすめしたいです。
今までよりもワンランク上のものを作ってみたくなるとき・・・より機能的ロックミシンで作品を作ってみたくなるとき・・購入のタイミングは人それぞれかと思いますが、
初心者さん向けのロックミシンを選んで、さらにソーイングライフが楽しくなれば
それは最高ですもんね。
ではどんなロックミシンを選べばよいのでしょうか?
例えば、扱う素材がニット中心と言う場合で考えてみましょう。
これまでのロックミシンは綿生地などの布地の端を後始末するために
利用されていましたが、最近は少し趣が違うようです。
ニット生地を使うことで一日あればできあがる「ニットソーイング」がちょっとした
ブームです。
そのときに一番便利に使えるのが四本糸のロックミシンです。
その上、空気圧の利用により大変だった糸通しが簡単に出来てしまうものを
エアースルーシステム、ジェットエア糸通し機能といいます。
これを基準に選んでみると良いと思います。