ロックミシンの糸調子と選び方について

ロックミシンの糸調子って手動と自動とがありますが、実際にはどちらが便利で、どちらを選べばいいの?と迷うところです。
そもそもロックミシンの糸調子ってどれくらい大事なことなのかと言いますと、
縫い目こそが命の洋裁の要なんですよね。
実際に使っている人の口コミでは、生地の種類で普通のものから
厚手のもののほうは、自動を使わなくても自分で調節するのが案外たやすい
というのです。というよりも、スイスイと縫えちゃうそうです。
しかしながら、薄手の生地の場合には生地がひきったり、糸が伸びたり
ことが多いので、糸調子は自動のほうが安全だという意見もあります。
いずれにしても、糸調子が自在に扱えるようになるまでは、ある程度の
経験が必要なのです。

最初は試し縫いで結構生地を無駄にしてしまうというのは、致し方ないことなのかもしれません。 扱う生地によっも異なり、やはり手動でも十分に出来る場合と
自動に任せたほうがいい場合があります。
糸によっては(例えばレジロン糸)自動糸調節が狂いやすいときもあるらしいので、あながち何が正解と言うことではなくて、やはり生地や糸との相談が一番大事なのかもしれません。
このように手動と自動でもそれぞれに一長一短があるのが現実なんですが、
かと言われても迷うでしょうから、しいて言えば、 手動糸調子で自分なりに
微調節しながら縫い進めるほうが(手間ですが)、完成度は高いものが
出来る
、とお話させていただきます。
機械だけに頼らずに、自分の感覚も取り入れてこその作品なのでしょうね。