初心者さんは自動糸調子機能のついたミシンを選ぶべきか?

ミシン初心者さんがミシンを選ぶときに、自動糸調子機能が付いているものを選ぶべきなのか、当サイトの考え方を述べます。

まず、ミシンの縫い目と言うのは基本的に上糸、下糸の2本の糸で縫い進めるものです。
自動糸調子の機能というのは、その名の通り、生地を縫う時に、その2本の糸の状態を自動で調整していく機能のことを言います。

ソーイングと言うのは、いつも同じ生地だけを縫い勧めるわけではないですよね。
薄い生地や厚い生地、材質の違う生地。そのときによって、当然選ぶ生地も違ってくるので、本来ならそのたびに手動で合わせます。
つまり、この2本の糸の状態を自分で微調整しながら生地の厚さなども加味して・・というテクニックが本来必要になってくるのです。
しかし、 手動で合わせるようになるのには、かなりのキャリアを積まないといけません。

それらを解決してくれるのが自動糸調子つきのミシンなんです。
縫っている最中に上糸と下糸の調子が合わなくなるなんて日常茶飯事です。
上糸が緩んでしまい、下糸がつっぱってしまう・・・こうなってしまうと初心者さんはパニックになっちゃいます。
これがストレスになってしまうと、ミシンをせっかく購入しても何だか縫い進めていくのも嫌になってしまいます。
だからこそ初心者さんには便利な機能だといえるのです。
ただ、ここで注意しなくてはいけないのは、すべての機種が完璧に精度の高い糸調子が行えるというわけでは無い ということ。

ある程度縫い目を安定させるためにも、ミシン自体のサイズや重量も大事になってきます。
その上で、精度の高い自動糸調子という条件がそろうためには予算的に少しオーバーしてしまう場合も多々あります。

そこでどうすればよいのかと言いますと、時間を掛けてでも自分で最初はまごつきながらでも、ダイヤル操作で上糸調子が分かるようになることです

糸調子の合わせ方というものを最低限学んでおくと、最初から高級機種を選ばなくても自動糸調子でもストレスは軽減されると思います。

最初から高みを目指さずに、いろんな生地を練習しながら自動糸調子を上手に使いこなせることが理想です。

しかし、初心者さんで、
入園準備などですぐにお子さんのためにグッズを作る必要性がある
悠長に糸調子を勉強している暇がない
という方の場合には少し精度の高い自動糸調子機能がある高級機種の購入を視野に入れてもいいかな 、と思います。