ジャノメJP710のおすすめポイント 口コミ評価


爆発的な人気を誇るジャノメミシンJP510シリーズがさらに進化したバージョンで「JP710」が2013年モデルで販売開始されました。

JP710に新たに加わった機能として、スピーディ糸通し、自動ボタンホール、メジャー機能が搭載されました。

そもそもJP510という機種は、いろんなミシンの中でもとりわけ基本性能を重視したつくりになっています。
2009年以前に開発されている機種ですので、そのミシンの歴史としては古い部類に入りますね。
ということは、今現在、新入学を控えてミシンで小物を作ろうと考える人の一世代前の時代から長く愛用されているミシンであることになります。

パネルについているボタンの色調ですが、パールピンクやベリーピンクという上品で飽きの来ないデザインにも注目です。

 

また、JP510には無かったメジャー機能が搭載されています。

これは便利!!


シンプルミシンこそミシンの本領発揮ができるミシンと考えるお裁縫好きの方が愛用されているミシンの後継機種のさらに進化版がこの「JP710」となります。
これまでもミシンには触れていた方や、初心者さんでも、シンプルで縫うことに一生懸命なミシンを探している方にとってはベストなミシンだと思います。
もっと簡単な表現をするとシンプル派の方にとって、購入の候補にぜひ挙げていただきたいミシンなのです。

多機能のコンピューターミシンにも確かに魅力は多々あります。
このジャノメJP710Nに関しては、とにかくコツコツと自分でミシンを使いこなしつつ、裁縫のスキルも積んでいくという方に向いているミシンだと思います。
クリアワイドテーブルとハードケースが標準なのも嬉しいです。

さらにこちらのショップですと 「送りジョーズ(2100円)」という上送り押えがプレゼントで付いて来るので非常にお買い得です。
ミシンは生地の下の送り歯から布を送っていきますが、この「上送り押え」があれば上からも生地を送り込むため、厚物縫いが快適になります。

⇒ジャノメ 「JP710N」販売ページへ

ジャノメJP710の付属品について

ミシンの付属品というのも初心者の方にはなかなか分かりづらいのではないかと思います。
JP710は付属品によって、価格が以下のように異なります。

セット名

価  格

内  容 

本体のみ 41,800円 付属品なし
SFセット 42,500円 針、カラフル44個糸、ボビン、フットコントローラー 
おすすめ!SF2 45,800円 針、カラフル糸セット、ボビン、コードリール式フットコントローラー 
DXセット 46,000円 針、カラフル糸セット、ボビン、フットコントローラー、サイドカッター、手作りキット、テフロン押え、コンシールファスナー押え、付属品ポーチ
DX2セット 48,800円 針、カラフル糸セット、ボビン、コードリール式フットコントローラー、サイドカッター、手作りキット、テフロン押え、コンシールファスナー押え
DXαセット 50,400円 直線専用針板、直線押え、針、カラフル糸セット、ボビン、フットコントローラー、サイドカッター、手作りキット、テフロン押え、コンシールファスナー押え


セットがいくつかあるのでどれにしたらいいのか迷いそうですが、実は簡単です。
これらのセットで「針、カラフル糸セット、ボビン」は全セット共通ですので迷う必要はありません。
選ぶポイントは以下、2つだけです。


1.フットコントローラーをコードリール式にするかどうか。

フットコントローラーですが、初心者さんは絶対に付けてください。
足で電源をコントロールしながら両手で自由に作業することで、安全に作業することができます。
家庭用ミシンなので、針が指を貫通することはないと思いますが、それでもミシンで事故することはまま、ありますので。
そのフットコントローラーですが、この2種類があります。
左側の白い方がコードリール式です。定価は5,000円ほど。

写真 違いはコントローラのコードをしまうとき、くるくると収納できるかどうかの違いですね。




大した違いないんじゃない?と思うかもしれませんが、しょっちゅう使用していると大きく違います。
私は右の黒い方を使用していましたが、使用頻度が高かったので電源アダプタコードが壊れてミシンが動かなくなりました・・・。
毎回、まきまきするのも結構、面倒です。。。
ですので簡単にきちっとコードが収納できるコードリール式の方をおすすめします。



2.サイドカッターを付けるかどうか。

jp510 サイドカッターとは洋服などを縫うとき、生地の端がほつれないようにかがる、「断ち目かがり」の事です。 (SSセット、DXセット、DX2セットに付属)





お子さんの入園準備などの小物作りの他、洋服を作るつもりの方はサイドカッター付きをおすすめしますが、入 園準備だけでいっぱいいっぱい、という方は必要ありません。



★「押え」とは何か?

写真 その他に、聞き慣れない付属品があると思うので紹介しておきます。
「押え」とはこの部分を指します。縫う素材によって押えを取り替えることにより縫いがスムーズになります。




テフロン押えとは滑りにくい素材(革など)を縫うときに使用します。(DXセットDX2セットに付属)
ファスナー押えの付いているセット(DX、DX2に付属)は洋服を作りたい方に必要です。

以上が付属品の説明です。

このセットの中でも一番売れているのが、コードリール式フットコントローラーが付属のSF2セットです。

⇒ジャノメ 「JP710N」販売ページへ