シンガー モニカピクシー5710のおすすめポイント 口コミ評価



モニカピクシー5710 家庭用ミシンでお手頃価格のもので売れ筋のようです。
ボディーの半分以上がアルミダイキャスト製でかなり頑丈にできています。
やはり3万円以内という予算ではこの機種は人気ですね。コンパクトなボディーに80Wのモニター搭載です。

縫いの模様はつまみを回すアナログ型ですが、機能的には事足りているのではないでしょうか。
口コミを調べてみますと、案外と厚手のものを縫っても平気なところや、丈夫でシンプルなところがウケていますね。
しかしながら、この機種に関しては、ある程度ミシンを使いこなせている人にとってならば機能的に使いこなせそうですが、全くの初心者にはどうかな・・・と言う印象です。
糸通しはついているものの、その手前にいくつかの操作が必要なので、全くの初心者には難しいかも・・という口コミもありました。慣れが必要なミシンなのかもしれません。
案外と重量がある(本体8kg)ということで、最初は驚いたけれども金属ボディーの重さということで「納得」という評価が多いです。ボディーの劣化が防げて、長くきれいに使えますね。
この点は購入した後、何年か後にしか実感できない部分でもあるのですが。
シンプルで実用的なミシンとしては十分に合格ラインでしょうね。
フットコントローラーが標準装備されていることや、水平釜であること、そして価格的にも3万円以内という条件で探しているユーザーには高く評価されています。
刺繍などの機能を使わずに、普通に縫いものをするのであれば十分なミシンでしょうね。
ボタンホールも縫えることは縫えますが、種類は多くありません。 サイドカッター機能はアタッチメントセットにあります。
凝った縫物はしないけれど、いったん購入したら何十年と使えるような丈夫なミシンをお求めの方におすすめします。
シンガー モニカピクシー5710は付属品によって価格が異なりますが、サイドカッターを付けた、5710アタッチメントセットがおすすめです。
サイドカッターとテフロン押さえ(滑りにくい生地を縫うときに使う)、コンシールファスナー押さえ(コンシールファスナーを縫う時に使う)が付いてきますので、かなり便利になります。
本体のみなら30,000円弱で購入できますが、このランクのミシンがこの価格なのですからアタッチメントセットも購入しておくのをおすすめします。それでも3,500円程度高くなるだけです。

こちらの販売ページの動画を最後まで見るとキーワードが出てきます。そのキーワードをネットで申し込む時記入すると割引になるサービスがありますので、必ずチェックするようになさってくださいね!

シンガーモニカピクシー5710の販売ページへ


次のおすすめミシン ブラザーミシンPS202