ロックミシンとは

裁ち目かがり専用のミシンで布の端を切りながら、ほつれないように縫っていきます。
かがり専用なので、家庭用ミシンか職業用ミシンとの併用での使用が基本です。
ところで、家庭用のミシンにもサイドカッターと言って、かがりの機能を付けたものがあります。しかし、あくまでもこの機能はおまけのようなもの。
生地の厚みによってはとても使いにくいのが現状なのです。
ソーイングをしっかりやりたい、と言う方は家庭用のミシンと並行して、ロックミシンを使用しています。
ロックミシンは針の本数と糸の本数で呼び方が、1本針2本糸、1本針3本糸、 2本針4本糸というように変わります。
糸調子が自動タイプのものと、手動タイプのものがあります。自動タイプの代表的なものがジューキの「糸取物語」で手動タイプの代表的なものが「衣縫人」です。
家庭用ミシンに慣れていると、一見、自動タイプのものが良いように思ってしまいますが、ロックミシンは構造が複雑なので自動にしても必ずしもきれいに縫えるわけではありません。
ですので手動タイプのものを選択して、微調整をしながら使うと良いでしょう。