初心者さんのミシンの使い方【作業の前の下準備】

ミシンを使う前に糸をきちんと糸や針の準備をしなくてはいけませんね。
また、生地の裁断は表地、裏地などのパーツ全てを済ませておき、「あとは縫うだけ」の状態で取りかかりましょう。
下準備はとても大切です。
ミシンの機種によって違いはあるかもしれませんが、ざっとミシンの使い方を説明しておきますね。


【ボビンケースにボビンを入れる】
ボビンの糸を巻いたら、ボビンケースに入れ、ミシン本体のカマにセットします。
このとき、時計回りに入れます。 そしてボビンの切り込みに糸を通します。


【押さえを付ける】
写真 縫うものによっては押さえを変えます。
左の押えは「テフロン押え」と言って、滑りが良く、レザーやビニールコーティングの生地に使うとスムーズに縫うことができる押えです。




押えの付け替え方
電源は必ず切っておきます。
1.ミシンの付属のドライバを回して押さえを付け替える。
2.つけ替えたらしっかり時計回りにドライバで締める。(しっかり締めてください!)


その他、ファスナーを縫いつける時には「ファスナー押え」を使用します。


【針を付け替える】
ミシン針をチェックし、曲がっていたり、折れたりしたら交換します。
1.ミシンの付属のドライバを回して針を付け替える。
2.針のへこみが右に向くように入れ、ドライバでしっかり締める。
以上の作業はきちんとドライバで締めないと危険です。
針が緩んで縫っている途中で折れ、事故につながりかねませんので気を引き締めて行いましょう。また、このときは電源は必ず切っておきます


使い終わったら乾いた布で全体を拭き取り、ほこりは取っておきましょう。
また、定期的にミシン油を注油してください。どこに注油するかは、たいていミシンの取扱説明書に書かれてあります。