初心者さんのミシンの使い方【針と糸の選び方】

縫い目の美しさや仕上がりの差は、生地に合った針と糸を選ぶことで違ってきます。
ミシンの調子がいま一つ良くない、というときも生地に合った針と糸を使っているか
チェックしましょう。
ミシン糸は太さが番号で示され、数が大きいほど細くなります。
針は薄い生地には細い針、厚い生地には太い針を使用します。
針の太さも番号で示され、数が大きいほど細くなります。

生地の厚さ

注意事項

薄地
(オーガンジー、シフォンなど)
7〜9番 90〜60番 かなり薄い生地で繊細ですので細い針と糸で縫い目を目立たせなくする工夫が必要です。
普通の厚さ
(リネン、ブロード、サッカーなど)
11番 60番 一般的な組み合わせです。ミシン初心者さんはここからスタート!
厚い生地
(デニム、キャンパス、コーデュロイなど)
14〜16番 30番 布と布が重なって生地が厚くなるバッグなどを縫うのに適した組み合わせです。
ニット薄
(ジャージなど)
ニット用9番 ニット用50番 ニットに普通のミシン針を使うと縫いながら編み地の糸が切れてしまうのでニット専用糸を必ず使用して。 
ニット厚
(スウェットなど)
ニット用11〜14番  ニット用50番 普通の厚さなら11番で十分です。

ミシン糸の色の選び方

ミシンに慣れるまでは、ミシン目が目立たぬようひたすら縫う生地と同じ色合いの糸の色合いを選びます。
ただし、手芸店に行くと同じ赤、同じ青でも色のトーンが何色もあるので迷ってしまいます。
ですので、縫う生地を10センチ角くらいカットして、持参するのをおすすめします。
または手芸店で生地を購入するタイミングで糸も選ぶことです。
巻いてある状態より、縫ってみると糸の色は明るく見えることが多いので、迷った時はトーンが暗めの色を選べば失敗しません。
タータンチェックの生地を縫う場合は、多く配分された色の糸を選びます。
ギンガムチェックなど同等の色の配分の場合はどちらの色に合わせてもオーケーです。
色が何色も使われているプリント模様の場合は、プリント模様のポイントになる色に合わせます。

ソーイングに慣れてきたら、バッグなど縫う場合に対照的な色の糸を使用し、ミシンステッチを生かすと楽しいですよ。